当サイトの収益の一部は動物関係の団体へ寄付しています

バイクのハンドル交換!ボンネビルへハリケーンコンドルを逆に取り付け!

※当サイトではアフィリエイト広告を使用しています

どうも!

ともぞうです。

アップハンドルにしてから約半年ほどが経ちました。

非常に乗りやすく気に入っていたのですがお尻が痛くなるのが難点・・・

シートを変えたりしたのですがどうしても痛い・・・

正直バイクに乗っていてもそちらに気がいってしまい純粋に楽しめなくなっています・・・

バイクに乗るのが億劫になってしまったら本末転倒なので今回はハンドルを変えていこうと思います。

目次

ポジションについて

まずはポジションについて考察していきます。

バイクポジションの決め方

バイクのポジションはハンドル・シート・ステップの位置で決まります。

詳しくはこちらの記事でも紹介しています。

今回のようにどこか1点に強く体重が多く掛かるとその部分になんらかの支障が出てきます。

理想は3点均等に体重をかけられる事なのでトータルバランスを見てカスタムするのが良いでしょう!

自分で書いてて耳が痛いですね(笑)

現状

現状アップハンドルになっているのでシート、つまりお尻に多く体重が掛かっている状態です。

比較のため純正ハンドルに戻して乗ってみました。

アップハンドル
  • お尻後部に体重が掛かりやすい
  • ハンドルにはほとんど負荷が掛かっていない
純正ハンドル
  • お尻センター付近に体重が掛かる
  • 若干前傾になるため腕に負荷感がある

アップハンドルのままいくなら
  • ハンドルを進行方向に倒す
  • バックステップ導入

でしょうか。

ハンドルを進行方向に倒すと族車っぽくてボンネビルには合わない・・・

バックステップは皆さんご存知の通り高額・・・

となるとハンドルを下げるのが1番早いという結論に至りました。

選んだハンドル

ハンドルの選定

純正戻しは個人的に面白くないので少し下げれるハンドルを探しました。

候補としてはスワローコンドルセパハン

スワローは尖っている部分のせいで車検に通らないとの情報があったため外しました。

セパハンとコンドルで最後まで悩みましたが値段と手軽さでコンドルを選択!

ノーマンハイドのエースバーにしようかと思いましたが、送料と為替の問題で断念・・・

国内メーカーのハリケーンさんから良い感じのコンドルハンドルが発売されていたのでそれにしました!

ハンドルスペック

購入したのはハリケーンさんのSWコンドルハンドルです。

スペック表
素材スチール製
ハンドル径Φ7/8インチ(22.2mm)
内径Φ18mm
全高60mm
全巾685mm

従来のコンドルハンドルと違い絞りがキツくないためタンクと干渉しにくくなっています。

これならボンネビルのように幅広のタンクでも大丈夫そう!

ハンドル交換

ハンドル交換については当ブログで何度も紹介しているので詳細は割愛させてもらいます。

こちらの記事で紹介しているので気になる方は参考にしてください!

交換時の注意点をいくつか。

ハンドル交換と合わせてワイヤーやホース類の交換が必要になる場合があります

今回は

  • ブレーキホース純正
  • アクセルワイヤー純正
  • クラッチワイヤーアップ用

と言う感じで取り付けました。

純正でもちょっと長い感じですが、問題なく使用できそうです。

ハンドルスペーサーを入れてある関係かブレーキホースがメーター側面に当たっています。

ハンドルスペーサーの記事はこちらで紹介してます。

使用には問題ありませんが気になる方はバンジョーアダプターを交換してください。

created by Rinker
エーシーパフォーマンスライン
¥1,101 (2024/04/25 03:51:28時点 Amazon調べ-詳細)

ボンネビルの場合純正ブレーキホースとバンジョーアダプターが一体のためホース一式の交換になるため注意してください!

ハンドル交換後のレビュー

見た目

一気にイメージチェンジされましたね~

カフェレーサーってやつに近づけた気がします(笑)

私的には全然ありの見た目です!

乗り味

ハンドル交換後にツーリングへ行ったのでその時の感想です。

第1印象は低くて楽しい!

アップの時よりも倒しやすくなったのでワインディングが楽しくなりました。

前傾になったからか空気抵抗も減り高速域も楽に!

しかし、長距離乗ると腕に疲れが・・・

また、ポジションをちゃんと出てないのか手首が痛い・・・

そのあたりは要改善ですね~

まとめ

アップハンドルからコンドルハンドルと真逆のカスタムとなりました。

作業自体はワイヤー類を純正のまま流用出来るのでアップよりは簡単ですね~

今後乗り味改善のためにポジション調整となりますがコンドルだとポジション調整幅が少ないのでセパハン化も視野に入れようと思います。

以上ともぞうでした!

ばいびー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

どうも!ともぞうです!
1991年生まれの一般男性でございます。
クロスバイクで25kgの減量をしている過程で自転車の楽しさに気づき沼に入りました(笑)
バイクは職場の悪い同僚にそそのかされて?免許を取りこれまた沼に(笑)
ブログを通じて自らの知識を増やすと共に皆様に情報提供をしていきます!
【経歴】
自転車2014年~
バイク2016年~
チンチラさん2019年~

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次