当サイトの収益の一部は動物関係の団体へ寄付しています

バイク用革ブーツは手入れをすれば柔らかくなる!?保護方法と併せて紹介!

※当サイトではアフィリエイト広告を使用しています

どうも!

ともぞうです。

以前の記事でバイク用ブーツについて紹介しました。

人生で初めて10000円を超す靴という事で大切にしようと思います。

しかし、革ブーツの手入れの仕方がわからない・・・

普段3000円前後の靴しか履かない人間の宿命か・・・

という事で今回はブーツのお手入れについて調べて実践していこうと思います。

目次

はじめに

ブーツには本革・スエード・ムートンと種類があります。

その種類によって手入れ方法は変わってきますが、バイク用ブーツは基本本革だと思います。

なので、今回は本革ブーツと言う前提で話を進めていきます。

手入れを行うブーツの紹介はこちらの記事でしています!

ブーツ手入れに必要な物

ブーツの手入れに必要なものは大きく分けて3つあります。

  • ブラシやクロスなどの手入れ用品
  • ワックスやクリームなど保護用品
  • クリーナーなどの汚れ落とし

これらの用品の中でも用途によってさらに枝割れしていきます。

ブラシやクロスの手入れ用品

馬毛ブラシ

ブーツの埃落とし用のブラシです。

毛並みの柔らかいブラシで隅々まで手入れすることができます。

履いた後の汚れ落としでも使えるので重宝します!

created by Rinker
Collonil(コロニル)
¥2,790 (2024/03/04 23:41:23時点 Amazon調べ-詳細)

ペネレイトブラシ

クリームを塗るためのブラシです。

クリーム塗りはウエスでも出来ますがペネレイトブラシだと伸びが違うようです。

また、細かい部分にもクリームが塗ることができます。

一本あたりが安いのでリムーバー、クリームと種類ごとに持っててもいいですね!

豚毛ブラシ

クリームを馴染ませるためのブラシです。

余分なクリームを落とし、塗りムラを抑える効果もあります。

化繊の物もありそちらでも代用可能みたいですね!

グローブクロス

最終仕上げで使用するクロスですね。

ブラシで馴染ませたクリームを磨き上げて光沢を出すことができます。

目が細かいクロスなら代用出来るのか?

ワックスやクリームなど保護用品

乳化クリーム

ブーツの手入れでは必須のクリームです。

保湿効果を高めて水分や栄養を与えます。

無色と色付きがありますが、無色ならどんな色のブーツでも使えますよ!

油性クリーム

艶と光沢を出すためのクリームです。

見栄えを良くするためのクリームなので保護成分はありません

ツヤツヤのブーツがいいって人のためのクリームですね!

created by Rinker
キィウイ(KIWI)
¥1,250 (2024/03/04 13:39:43時点 Amazon調べ-詳細)

ワックス

さらに光沢を出したい人のためのクリームです。

別名ポリッシュと呼ばれています。

光沢が出る反面歩く時に曲がる部分に塗るとワックスが割れてブーツを痛める危険性も・・・

塗る場所に注意が必要ですね!

デリケートクリーム

水分を多く含んだクリームです。

ロウや油分がほとんど配合されていないためブーツに優しいですが、光沢は出ません。

マット感を出したい人にオススメですね!

created by Rinker
M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)
¥1,320 (2024/03/05 05:46:52時点 Amazon調べ-詳細)

クリーナーなどの汚れ落とし

レザーローション

ブーツ表面についた汚れと余分な油分を落とす効果があります。

既に浸透している油分を取り切らないので次に塗るクリームの浸透を促してくれます

ユニバーサルレザーローション

レザーローションに油分を足してそれだけで手入れが出来てしまう優れもの

軽いお手入れならこれだけ買うのもありですね~

created by Rinker
SAPHIR(サフィール)
¥1,980 (2024/03/05 05:46:53時点 Amazon調べ-詳細)

ステインリムーバー

レザーローションとは違い汚れと古いクリームを根こそぎ落とします

しかし、使い過ぎるとブーツへダメージがあるので注意が必要です。

準備した物

①乳化クリーム

②レザーローション

③ペネレイトブラシ

④グローブクロス

⑤豚毛ブラシ

⑥馬毛ブラシ

必要なものが揃ったオールインワンセットも販売されています。

ブラシが小さいなどのレビューも見られるので十分検討してから購入してください。

ブーツの手入れ方法

ブーツの紐を外します。

馬毛ブラシでブラッシングをします。

細かい場所までしっかりやりましょう!

レザーローションで汚れを取ります。

ブーツに直接かけずにウエスなどに出してから塗布しましょう!

汚れが落ちたらクリームを薄く塗ります。

1度に多く塗らず少しずつ塗り広げる感じで塗ります。

容器の蓋など受け皿にクリームを出してから塗ると適量塗りやすいですよ!

クリームを塗ったら豚毛ブラシで馴染ませます。

最後にグローブクロスで拭き上げれば完了です!

塗る前と後でブーツの質感が変わりました!

またクラッチが当たる部分の傷も消すことが出来ました。

まとめ

今回のブーツ手入れに際してネットの情報を頼りにしました。

しかし人それぞれ手入れの仕方やクリーナーの役割の解釈が違い迷ってしまいました。

決まったやり方と言うよりは何度もメンテナンスして最適な方法を見つけるのが良さそうです。

今後良いメンテナンス方法が見つかったら記事にして共有しようと思います!

以上ともぞうでした。

ばいびー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

どうも!ともぞうです!
1991年生まれの一般男性でございます。
クロスバイクで25kgの減量をしている過程で自転車の楽しさに気づき沼に入りました(笑)
バイクは職場の悪い同僚にそそのかされて?免許を取りこれまた沼に(笑)
ブログを通じて自らの知識を増やすと共に皆様に情報提供をしていきます!
【経歴】
自転車2014年~
バイク2016年~
チンチラさん2019年~

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次