バイク事故を起こさない!安全運転のコツを覚えて無事故バイクライフ!

どうも!

ともぞうです!

皆さんがご存知?の通り私はバイクに乗れない系の盆栽ライダーでございます。

なぜバイクに乗れないかと言うと妻の反対があるからです。

(50キロ圏内なら許可を得ています)

妻からすると『バイク=危ない』

バイクを降りる方の理由も家族のためが多いのではと思います。

皆様の事故への不安が少しでも解消出来る様に生涯バイク無事故を継続している私が気をつけている事を紹介します。

教習所みたいな内容ですが、最後までお付き合いください!

目次

服装について

こちらは私自身の装備になります。

ウェアに内蔵できるプロテクター胸部背部に取り付けてあります。

長袖長ズボンは当たり前としてプロテクターは付けないという方もいると思います。

カッコ悪いし、めんどくさいですよね・・・

出典:警視庁

警視庁のアンケートでもこの様な結果になっています。

しかし、カッコ悪いとか面倒で命を落とすリスクを上げるのは・・・

出典:警視庁

警視庁の調べでは胸部プロテクターの着用率は令和2年度では8.4%と非常に低いです。

損傷主部位平成27年平成28年平成29年平成30年令和元年過去5年平均
全損5.35.00.04.50.03.1
頭部47.450.051.252.335.748.2
顔部0.00.02.40.00.00.5
頸部7.97.52.46.810.76.8
胸部23.725.029.329.532.127.7
腹部7.97.59.84.521.49.4
背部2.60.00.00.00.00.5
腰部2.65.04.90.00.02.6
腕部0.00.00.00.00.00.0
脚部2.60.00.02.30.01.0
窒息溺死0.00.00.00.00.00.0
総計100.0100.0100.0100.0100.0100.0
引用:警視庁

また事故時の致命傷部位は頭部で48.7%胸部で28.0%腹部9.8%と全体の86.5%をしめています。

極端な話胴体部を保護するプロテクターがあれば37.8%安全性が高まります

出典:警視庁

またヘルメットについても死亡事故の25%は事故時に脱落していたそうなので、しっかりと着用しましょう!

走行中に気をつけている事

これについては個人の見解なので話半分くらいで聞いてください。

気をつけている事は3つだけです!

  • 自分のキャパシティを超えたスピードを出さない
  • 車間を開ける
  • すり抜けをしない

キャパシティを超えたスピードを出さない

周りに合わせて無理にスピードを出し自分の制御できる領域を超えると事故を起こします。

遅いとカッコ悪い」「同行者に迷惑がかかる」と思うかもしれませんが、それよりも命の方が大事です。

遅くても自分が楽しければいいです!

スピードを出すことを強要する同行者とは付き合う必要ありません!

自分のキャパシティ内で楽しくツーリングしましょう!

車間を開ける

車間が近いと何かあった時の対応が難しくなります。

急ブレーキでロックさせて転倒なんて鉄板ですよね・・・

急な動作が必要ないくらい車間を開けて走行しましょう!

すり抜けをしない

「バイクに乗っててすり抜けしないなんて・・・」と思うかもしれません。

しかしすり抜けにはリスクが伴います

走行中のすり抜けは更に危険です。

5分10分のために事故に遭いたくないですよね・・・

しっかりリスク管理をしてツーリングしましょう!

まとめ

バイク事故のニュースを見ると悲しくなります。

自分が気をつけていても遭ってしまうのが事故ですが、それなりに備えておけば身体へのダメージは減らせます

これを機にしっかり装備を整えて安全にツーリングをしましょう!

以上ともぞうでした。

ばいび~

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

どうも!ともぞうです!
1991年生まれの一般男性でございます。
クロスバイクで25kgの減量をしている過程で自転車の楽しさに気づき沼に入りました(笑)
バイクは職場の悪い同僚にそそのかされて?免許を取りこれまた沼に(笑)
ブログを通じて自らの知識を増やすと共に皆様に情報提供をしていきます!
【経歴】
自転車2014年~
バイク2016年~
チンチラさん2019年~

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次