エイプ50のヘッドカバーからオイル漏れ⁉ガソリンタンクを外してガスケット交換!

※当サイトではアフィリエイト広告を使用しています

どうも!

ともぞうです。

早くエイプのエンジンを掛けたいのでどんどん作業をしています。

写真の撮り忘れがないか怖いですが・・・

今回はエンジンのヘッドカバーからオイルが滲んでいる跡があったのでパッキンの交換をします。

滲んでいる程度ですが、エンジンオイルをヘッド側から入れたいのでついでに変えてしまいます。

エンジンのヘッドカバーパッキン交換をする際に

  • エンジンパーツを外すなんて素人でも出来る?
  • いくら掛かるの?
  • どうやってやるの?
  • 必要な工具は?

以上のような疑問が浮かびました。

結論からいうと、カバーを外すだけなので素人でも出来てしまいます。

パッキンを交換するだけなのでパッキン代1200円+工具代で出来てしまいました。

エンジンヘッドカバーのパッキン交換方法は

エンジンヘッドカバーパッキン交換方法
STEP
ガソリンタンク取り外し
STEP
ヘッドカバー取り外し
STEP
オイル漏れ拭き取り
STEP
ヘッドカバー取り付け

以上の4ステップとなります。

必要な工具は3種類です。

それではエンジンヘッドカバーのパッキン交換について詳しく紹介していきます。

ぜひ最後まで読み進めて見てください!

目次

エンジンヘッドカバーってなに?

そもそもエンジンヘッドカバーってなんだよ。

素人が外しても良いのか?と思いますよね。

簡単に言うとエンジン上部に被せてあるパーツでエンジンオイルが漏れるのを防ぐ役割があります。

カバーとは言え大事な役割があるんですね~

ヘッドカバーを塗装してドレスアップしているバイクなんかもあるのでオシャレアイテムとも言えそうです(笑)

エンジンヘッドカバーパッキン交換の必要性 

なぜヘッドカバーのパッキン交換が必要なのか

変えなくてもいいなら変えたくないですよね。

しかし、今回の様にオイルの滲みがある場合

  • オイル量の低下によるエンジン破損
  • オイル漏れの後が汚く見える
  • 気になってストレスが溜まる

以上のような現象が発生します。

少し掘り下げてみましょう!

オイル量の低下

オイルが滲んでいるという事はそこからオイルが減っている事になります。

滲んでいる程度では、エンジンが破損することはほとんどないと言えます。

しかし、そのまま放置してオイル漏れが酷くなるとその可能性も高くなります。

早めに交換しておきたいですね!

オイル漏れの後が汚く見える

性能や破損の問題ではなく見た目の問題ですね。

オイルが漏れているとその部分が汚く見えてしまいます。

その都度拭けば良いですけど面倒ですよね・・・

一度パッキンを交換しておけばその作業も不要になるので結果的に効率が良くなります。

気になってストレスが溜まる

せっかく楽しく走っていてもオイル漏れが気になってストレスになりますよね。

酷くならないかな」や「エンジン止まったらどうしよう」などなど考え出すとキリがありません。

楽しくバイクに乗るためにも交換は必要と言えるでしょう。

エンジンヘッドカバーパッキン交換方法

準備するもの

スパナ

基本的な工具ですね。

ボルトやナットを緩める時には必須となります。

1本ずつ買うと高くなるので複数サイズがセットになったものを買っておくといいですよ!

モンキーレンチでも代用可能です。

created by Rinker
イーバリュー(E-Value)
¥749 (2024/07/17 02:52:07時点 Amazon調べ-詳細)

ウエス

オイル汚れを拭き取る際に使用します。

バイクや車、自転車などなどDIYをするなら必ず持っておきたいですね。

ホームセンターでも売ってるので簡単に手に入ります。

どうしてもなければキッチンペーパーで代用することもできますよ。

パーツクリーナー

オイルを脱脂洗浄する際に使用します。

これもDIYする方には必須の消耗品ですね。

こちらもホームセンターで入手可能ですよ!

created by Rinker
KURE(呉工業)
¥524 (2024/07/17 00:07:43時点 Amazon調べ-詳細)

ガソリンタンク取り外し

まずはガソリンタンクを取り外します。

シートを外してボルトを緩めます。

燃料コックをオフにしてキャブにささっているホースを抜きます。

あとはタンクをシート側へ引けば外れます。

エンジンヘッドカバー取り外し

エンジンヘッドカバー上部のボルト2本を外します。

これでカバーは取れてしまいます。

オイル漏れ拭き取り

カバーが取れたらオイル漏れの跡を拭き取ります。

エンジン内にゴミが入らないようにビニールなどで養生をしてから行いましょう!

おまけ

今回は放置車両の手入れなのでついでにオイルも交換します。

「なぜこのタイミング?」と思いますよね。

長期間放置されているとエンジン内のオイルが完全に落ちて油膜切れとなっている場合があります。

油膜がない状態でエンジンを掛けると最悪の場合破損に繋がります。

それを防ぐためにヘッドカバーを外したタイミングでオイル交換を行います。

いつも通りしたら抜いて〜

エンジン上部からこぼさないようにオイルを入れます!

規定量入ればオッケーです!

エンジンヘッドカバー取り付け

やることやったのでヘッドカバー取り付けていきます。

新品のパッキンを忘れずにつけて元に戻します。

ボルトを2本均等に締めれば完成です。

このあとまだやる事があるのでタンクは外したままにしてます。

戻す場合は外した時と逆の手順でやるだけです!

まとめ

エンジンと聞くとハードルが高そうでしたがカバーを外すだけだったので簡単でした。

オイル漏れによる汚れも拭けて綺麗にできてよかったです。

次ヘッドカバーを開けるとしたら本格的なエンジンチューンですかね〜

まだまだ先の話ですが・・・

この調子でサクサク作業して早く原付遊びができるようにします!

以上ともぞうでした!

ばいびー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

どうも!ともぞうです!
1991年生まれの一般男性でございます。
クロスバイクで25kgの減量をしている過程で自転車の楽しさに気づき沼に入りました(笑)
バイクは職場の悪い同僚にそそのかされて?免許を取りこれまた沼に(笑)
ブログを通じて自らの知識を増やすと共に皆様に情報提供をしていきます!
【経歴】
自転車2014年~
バイク2016年~
チンチラさん2019年~

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次